葬儀を通して残された人生を幸福で満たすという考え方

「後悔しないご葬儀」のために準備をすることは、生きている今のありがたさを認識することにつながります。「死」というテーマについて考えるからこそ、現在の自分に足りないものやこれからすべきこと、ご家族に対する感謝の想いなどがはっきりと見えてくるのではないでしょうか。

終活はポジティブな活動

誰しも、いずれは人生に別れを告げなければならないもの。“自分がいなくなってしまう瞬間”までに何をしておくべきかを主体的に考えて行動する――それは大変つらく難しいことですが、残りの人生を悔いなく自分らしく生きるためには、自分の死を正面から見つめることも必要です。

当サイトをご覧いただいている皆様は、おそらく「終活」という言葉を知っている(あるいはどこかで聞いたことがある)方々が大半ではないでしょうか。終活は残された人生を幸せに過ごすためのポジティブな活動なのです。

PICK UP 「終活」とは……

「人生の終わり(最期)を悔いなく迎えるための活動」のこと。生前にご自身のための葬儀社やお墓の準備、遺された方への相続を円滑に行うための計画、医療や延命に対する考えをご家族に告知することなどが、それにあたります。2009年頃から終活をテーマにした書籍などが続々と出版され、2010年には新語・流行語大賞にノミネートされました。

しかし、終活をしようと思っても、何から始めればいいかわからないという方もいるでしょう。そんな方は、エンディングノートをご活用ください。現在、書店ではいろいろな種類のエンディングノートが販売されています。きっと、エンディングノートに書き込んでいくなかで、ご自身の終活の形が見えてくるでしょう。こころのセレモニーにお問い合わせ頂き、ご希望の方にはエンディングノートを差し上げております。

ご自身とご家族がともに納得できるお葬式を

終活ブームで、ご自身の葬儀について考える方が増えてきたのはとてもよいことです。しかし、なかには「自分の葬儀だから好き勝手にやればよい」と誤解してしまう方もいらっしゃるようです。

故人が望むスタイルのご葬儀は、必ずしもご遺族が望むスタイルのご葬儀と同じとは限りません。たとえば、本人が「家族に迷惑をかけたくないから火葬だけしてくれればよい。」と思っていても、ご家族は「僧侶にお経をあげていただき、しっかりと葬儀を行うことで感謝の想いを伝えてお別れしたい。」と思っているかもしれません。子を気遣う親心はとても有難いものですが、相応の費用を負担してお葬式を執り行うことで、親のために出来る限りのことをしてあげられたという満足感が得られるのです。このような思いは大切な方を亡くしたご遺族の悲しみを取り除くことにつながるのです。

また、「形式にとらわれたくないから」という理由で無宗教葬にこだわると、僧侶や神官、牧師などが通常担ってくれるところまで自分たちで準備しなければならなくなるので、ご遺族に大きな負担がかかってしまうことも考えられます。ご自身だけで「あれがしたい」「これがしたい」と進めていると、ご家族に思わぬ迷惑をかけてしまうことも……。日頃から想いやイメージを共有し、ご自身とご家族がともに納得できるご葬儀を目指すことが大切です。

事前相談は「こころのセレモニー」へ

「こころのセレモニー」では、無料で事前相談を承っています。横浜市や川崎市などで事前相談をご希望のお客様は、お気軽にお問い合わせください。終活のことからご葬儀の価格(お見積もりなど)のことまで、どんなことでも結構です。

「こころのセレモニー」へのお問い合わせはこちら

  • 先頭へ戻る