家族葬・密葬~近親者だけで故人を送りたい方へ~

家族葬(ファミリー葬)・密葬は、会社関係者やご近所にお住まいの方、ご友人・知人などを呼ばず、近親者だけで執り行うご葬儀・お葬式のことです。対外的な意味合いを持った葬儀(社葬など)を後日執り行うか否かという点で「密葬」と「家族葬」は厳密には異なりますが、現在は同じようなニュアンスで解釈されています。

家族葬・密葬が選ばれる理由

家族葬・密葬は、以下のような場合に行われることがあります。

  • 近親者だけで心のこもった葬儀をしたい場合
  • 故人が葬儀に費用をかけることを望まなかった場合
  • 後日故郷に戻って葬儀を行う場合
  • 何らかの事情で死をあまり公にしたくない場合
  • 年末年始など各所に迷惑がかかる時期に葬儀を行う場合
  • 日をあらためて社葬などの本葬を行う場合

最近では、「近親者だけで心のこもったお葬式をしたい」という方が、周囲の事情に関係なく家族葬を選ばれるケースが増えています。とはいえ、文字通り家族だけで行う小さな式から、遠方のご親族や身近なご友人などを招いたやや大がかりな式までさまざま。どれくらいの規模で故人を偲びたいか、またどの方に故人を偲んでほしいかなどをよく考えることが大切です。

家族葬・密葬の内容

数名から20~30名程度というのが一般的な規模となりますが、会社関係者など外部の方を呼ばないので通夜を行わないというケースもあります。参列者のほとんどが火葬に立ち会い、骨上げ(遺骨を二人が同時に箸でつまみ骨壷に納めること)を行うなど、故人をよく知る者だけでゆっくりお別れの時間を持つことができるのが特長です。無宗教葬の場合もありますが、多くの場合は僧侶などを招いてご葬儀を行います。

「家族葬だから安い」とはかぎらない

家族葬・密葬というと、「一般葬よりも低価格で行う葬儀」とお考えの方が一般的なのかもしれません。しかし実際には、会葬者を招くか否かの違いでしかないのです。数名で執り行う家族葬と300人程度を招く一般葬を比較した場合、香典の額によっては一般葬のほうが出費を抑えられることがあります。

葬儀にかかる費用イメージ

とはいえ、そもそも家族葬を選ぶ基準は値段ではありません。しがらみなどを考えず、故人とのお別れに集中できることこそが、家族葬が支持される理由なのです。

「こころのセレモニー」にご相談ください

神奈川県横浜市の「こころのセレモニー」では、家族葬・密葬も誠心誠意を尽くしてサポートいたします。事前相談も無料です。様式から手続きや価格(お見積もりなど)に関することまで、どんなことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。

「こころのセレモニー」へのお問い合わせはこちら

  • 先頭へ戻る