斎場「セレモマイホール」の葬祭ディレクター

「こころのセレモニー」の統括責任者・安西隆のご挨拶です。また、当社の葬祭ディレクターについてご紹介します。丁寧な事前相談対応やご葬儀サポートを通して「日本一やさしい葬儀社」を目指すべく、スタッフ一同、全力で仕事に取り組みます。

葬儀・葬式の事前相談を無料で承ります

事前相談窓口「こころのセレモニー」では、お葬式の費用や葬儀プランについてだけでなく、「生前予約」「終活」「互助会」「家族葬」「密葬」「グリーフケア(悲嘆回復)」といったさまざまなテーマに関するご相談を無料で承っております。気になること、不安なことなどがありましたら、何でもお気軽にお問い合わせください。

代表挨拶

セレモマイホール 統括責任者 安西 隆

平成7年の創業以来、お客様に満足していただけるご葬儀のあり方を模索し続けてまいりました。私たちが目指すところは、お客様すべてに、「セレモ マイホールで葬儀をしてよかった」と感じていただくことです。 しかし、現実には、あるお客様にはお喜びいただけたサービスが、他の方にはさほど喜ばれない。場合によっては、叱責されることすらあります。個々のお客様それぞれにお考えがあり、それぞれの価値観をお持ちになるのですから当然のことかもしれませんが、この仕事の難しさを痛感させられる瞬間です。

通常のサービスでは処しきれないような場面に遭遇しても、「できません」と言うのではなく、「お客様が求めているものをどうやったら実現できるのか」ということを最優先して考え、行動するよう社員教育をいたしております。そのうえで、人の「死」というかけがえのないものに接していることを自覚し、それに見合った人格となるよう社員の成長を促しております。

だからこそ、一生懸命に執り行わせていただいたご葬儀の後にお客様から頂戴する感謝の声が私たちのはげみであり、誇りであると胸を張って申し上げられるのです。「営利」だけで行動することは一切ありません。かといって、「安価な葬儀」だけを売りにするようなこともありません。お客様に「支払った金額以上に満足のいく葬儀だった」と思っていただけるように、私たちはこれからも日々研鑽してまいります。

ここに、ご葬儀をサポートさせていただく、スタッフをコメントとともに紹介させていただきます。私たちの想いを少しでも皆様に伝えることができましたら幸いです。

1級葬祭ディレクターとは

「1級葬祭ディレクター」は、厚生労働大臣が認定する葬祭ディレクター技能審査に合格することにより与えられる資格です。葬祭業の従事にあたるうえで、資格取得の義務はありませんが、葬祭に関する幅広い知識・見識と実務経験を有しているというひとつの目安になります。

当社に所属する1級葬祭ディレクターは5人。彼らを中心にスタッフ教育にも力を入れ、お客様が安心してご葬儀に臨めるようなサポートを多方面から行います。

ディレクター紹介

横浜市や川崎市のお客様を中心に、宗旨・宗派を問わずどなたでもご利用いただける葬儀社(斎場)「セレモマイホール」のディレクターをご紹介します。

    

加藤 慎吾(かとう・しんご)

加藤 慎吾(かとう・しんご)
[1級葬祭ディレクター]

私事ですが、セレモマイホールに勤めるようになってから父が他界しました。急ではありましたが、そのときの動揺や喪失感は今でも忘れられません。しかし、そのような不安な気持ちでいる私たち家族を気遣い、上司や同僚が父を温かく送ってくれたことに救われました。その経験を活かし、これからもより多くのお客様の不安を取り除けるよう全力を尽くしてまいります。

伊東 剛(いとう・つよし)

伊東 剛(いとう・つよし)
[葬祭ディレクター]

悲しみは突然やってきます。そんななかでお葬式の準備をすることは容易ではありません。私は皆様が抱える深い悲しみを少しでも和らげるお手伝いをしたくて、この会社に入社しました。セレモマイホールでは、故人の尊厳を守りながら、ご遺族の方にとっても意義や価値のある儀式を目指しています。ご葬儀費用に関するご心配、自分らしい葬儀をしたいというご希望などをいつでもお客様とともに考え、ご要望を最大限に叶えられるように努めてまいりますので、ぜひご相談ください。

滝澤 敏信(たきざわ・としのぶ)

滝澤 敏信(たきざわ・としのぶ)
[1級葬祭ディレクター]

ご葬儀はやり直しができない、大切な方をお送りするための最後のお別れです。ご葬儀に決まった形などございません。だからこそお客様一人ひとりに対して親身になり、ご納得のいくお別れができるように精いっぱいお手伝いをさせていただきます。式をお願いしてくださったお客様に「ありがとう」と感謝のお言葉をいただけたときは、何よりもこの仕事を誇りに思います。どんな小さな疑問や不安でも、私たちにお伝えください。

林 大輔(はやし・だいすけ)

林 大輔(はやし・だいすけ)
[1級葬祭ディレクター]

私がご葬儀のお手伝いをさせていただく際に特に心がけていることは、亡くなられた方に誠心誠意を尽くすこと。そしてご遺族様とコミュニケーションを図りながら、不安な気持ちをできるだけ取り除くことです。亡くなられた方に対して自分の身内のような気持ちで接しなければ、ご遺族様への適切な心配りはできないと考えています。スタッフ全員が一丸となってお手伝いさせていただきますので、どんなに小さな疑問や不安であってもお気軽にご相談ください。

  • 先頭へ戻る